法律上の正当性

頭を抱える女性

過払い金という存在には、法律上の正当性が有るためその条件に該当する人には請求する権利が必ずあります。
その条件をきちんと理解しているのは司法書士であり、気軽に相談をすることで道が開けるでしょう。

詳細を確認する

認定された有資格者

勝訴

過払い金を請求することが出来るようになるためには、そのために相談できる相手を見極めることも大切です。
司法書士に相談をすることでその問題を解決できますが、それにあたっては認定された有資格者であることが重要です。

詳細を確認する

ブラックリストの不安

契約書

過払い金を請求すると、ブラックリストに含まれて今後の借り入れができなくなるという話があります。
それは間違いで、ブラックリストに含まれないケースも存在するため、司法書士に一旦相談をすることがまずは重要です。

詳細を確認する

払い過ぎたお金の回収

頭を悩ませる問題

人生において、何らかの理由でお金を融資してもらう必要性が出てくることはだれにでも有り得る話です。
そして、そういった時に活用できるサービスとして消費者金融のキャッシングローンが存在しています。
消費者金融のキャッシングローンは非常に便利な存在である反面、他のローンなどと比べると金利がかなり高いという問題が有ります。
そして、その金利には本来であれば払う必要がない利息が含まれているという問題が過去に存在していました。
法律の改正によってその利息は払う必要がなかったと明確に認定されたことで、過払い金という要素が現在では発生しています。

過払い金が存在するのではないかと考えられる人は、過去に消費者金融のキャッシングローンを利用したことがある人全てに可能性があります。
そして、司法書士に相談をすることによって過払い金の回収をすることが可能です。
司法書士に相談をして、サポートを受けることによって戻ってくる正当なお金が過払い金です。
市民の味方である司法書士は、そのお金を請求することに全力を貸してくれます。
過去にキャッシングを利用したことがあるならば、確実に司法書士に相談をするべきであるといえます。

利率と取引期間の関係

ニヤける男

過払い金は、返済の利率が年間18%を超えているかどうかと、取引期間が7年間を超えているかどうかがカギです。
消費者金融側も利率を変更しているため、利率と取引期間の関係を司法書士と照らし合わせる必要があります。

詳細を確認する

時効という問題

勝訴

過払い金が発生していたとしても、時効という問題にもまれて消失する可能性があります。
完済から10年が経過していると請求をすることができないため、早いうちに司法書士に相談をする必要があります。

詳細を確認する

費用のポイント

司法書士団

過払い金の請求を司法書士に行ってもらうとして、気になるのは費用です。
確実に請求を行った人に損が回ってこないようになっているため、不安を感じること無く相談できるようになっています。

詳細を確認する

Information

Copyright(c) 2014 過払い金は司法書士に相談して返してもらえる払い過ぎたお金. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com